廣嶋雑記

広島のあれこれ

ノマノマ

カープの野間の登場曲は、O-ZONEの恋のマイアヒで、2018年にリメイクされてヒット、かつてのメンバーだったダン・バラン本人が来日した時に、なんと神宮球場でヤクルト戦を観戦したとか。

 
そして最近は、キウイのCM曲に‼︎
ゴールドとグリーンのキウイボーイズにアゲアゲアピールされて、バナナボーイがやや困惑気味です。
 
野間の活躍と恋のマイアヒのリバイバルによる波及効果です。
 
アドゥワ誠の登場曲は、それ行けカープを歌う南一誠の広島天国です。
南一誠さんは美声で、地元では絶大な支持を得ています。
 
先日、ローカル番組の元就。で、アンガールズと南さんの3人で広島天国の歌詞に出てくる横丁を訪ねていました。
一番の歌詞に出てくる、もぐら横丁は実在しないそうです。
南さんが、各地の県人会などに呼ばれると、それ行けカープと広島天国だけ歌ってくれればいい、他の新曲とかは歌う必要ない、と言われるそうです。
歌手冥利に尽きるのか、尽きないのか、複雑な心境のようです。
 
広島天国は、それ行けカープほど若い広島県民には浸透していないので、アドゥワの登場曲になって、これから、より広く知られるようになるかもしれません。
 
この選曲は某選手によるものらしく、二人に選択権はなかったようですが、世界的ヒット曲と広島県民の心の歌、結果的にナイスチョイスです。
 
野間は走るのが速すぎて、開幕戦ではファーストがたまげたのか捕球に手間取り、ランニングヒット気味でした。
なにぶん1年ぶりのリーグ戦ですから、送球する方もしっかり丁寧な投げ方を、とファーストを見たら、通常では視野の隅に入る程度のランナーが大きく迫っていて動揺があったのかもしれません。
速すぎて、つむじ風が起きそうな勢いです。
相手守備も下手に接触すると跳ね飛ばされそうで、幾分腰がひけてしまうかもしれません。
 
実際に球場で観戦していると、次のバッターの長打の行方を見つめている間に生還していて訳が分からない時があります。
 
アドゥワ誠は2018年のリーグ優勝の時、20歳に何日か足らず、ビールかけが出来なかったので一岡が代わりに炭酸水をかけてあげたという心温まるエピソードがあります。
 
高身長で無表情なので年が上に見え、嵐の相葉くんが実際は20才だと知って、なんだ、誠、ハタチか、と上から目線で言っていました。
 
地元では、もしアドゥワに出会って話しかけられても英語が話せんけどうしようか、と言うと、アドゥワは日本語しか話せんけ、その心配はない‼︎と切り返されます。

 

プライバシーポリシー お問合せ