廣嶋雑記

広島のあれこれ

湧永満之記念庭園のバラ

広島県安芸高田市甲田町の湧永満之記念庭園のバラが今年も見頃を迎えています。
この庭園はキヨーレオピンの湧永製薬創業者を記念して造られた庭園です。
太っ腹なことに入場無料です。
3月下旬から11月中旬まで開園していて、5千本のバラの他、花菖蒲や紅葉など、折々の花を楽しめます。

f:id:akakoif:20190619121152j:image

バラは5月中旬に咲き始めて下旬に満開になったそうですが、ごく一部はまだ蕾でした。
バラ園の真ん中から見渡すと、360度バラだらけで圧巻の眺めです。

f:id:akakoif:20190604183437j:image

f:id:akakoif:20190603192453j:image

f:id:akakoif:20190603091634j:image
f:id:akakoif:20190603091419j:image

バラは病気にかかりやすいので、花床は水はけの良い砂地がむき出しになっていて、落ちた葉や花を取り除けるようになっていました。


広島県内で花を楽しめるのは世羅町の世羅高原農場や庄原市の備北丘陵公園が有名ですが、この庭園も手入れが行き届いていて、一見の価値があると思います。


備北丘陵公園では野外コンサートが開催されることがあるのですが、それを知らずに人っ子一人いない山あいの高速道路を延々と運転していたら、突如として前方に高架橋を渡る大勢の人が現れて心底たまげたことがあります。
狐につままれたとしか思えなかったです。


さて湧永庭園ですが、こちらも人家が無い山あいにポツンとあって、向かう途中、案内板が無い分かれ道があり、この道で合っているのかどうか不安になります。
三次方面から向かうと、国道54号線沿いの湧永製薬の会社近くに案内板があり、その次にもう一ヶ所案内が出ていますが、そこから牧場のような場所を進み、途中二又に分かれた所に案内板がないので勘で左手へ進みはしたものの、道に迷ったかと心配になった直後、左側に庭園が見えました。


庭園の入り口に駐車場と軽食の店舗があります。
混雑している時は少し離れた駐車場に停めなければなりません。
それからゴミは持ち帰らなければなりません。


この庭園から3.4kmほどの場所にリージャスクレストゴルフクラブがあります。
2コースあって、2015年まで女子プロの大会が開催されていたロイヤルと、もう一つグランドがあります。
このロイヤルコースは攻略が難しいそうで、ゴルフ好きな人が大叩きしたリベンジを果たそうと、わざわざ会員さんに紹介を頼み、今度こそスコアを伸ばす‼︎と気負い込んで向かったそうです。
その結果、惨敗した、と。
後日、手土産持参で会員さんにお礼に伺った時に、リベンジ返しをくらったと無念そうだった、ということでした。


ゴルフを嗜まない身としては、その無念のほどはよく分かりませんが、このゴルフクラブは食事が美味しくて評判なのだそうです。
もしプレーしなくても食事が出来るのなら、一度は行ってみたいものです。

プライバシーポリシー お問合せ