廣嶋雑記

広島のあれこれ

広島駅にもG20の余波が

f:id:akakoif:20190630193821j:image

G20の余波で広島駅のゴミ箱まで使用禁止になっていました。

大阪からこんなに離れた場所にまで影響があるのか‼︎とたまげた次第です。
今回の会議では長机に安倍さんがトランプさんと習近平さんに挟まれて窮屈そう、というニュースがありました。
米・日・中がぎゅうぎゅうの理由は「言えない」って、単に急拵えの会場設営だったんですかねえ?
それとも実利重視の大阪式?

しかし1つの長机に結構大柄な3首脳が肩寄せ合っていて、有無を言わさずパーソナルスペース0、否が応でも親近感が湧いたかも?


G20中の広島の中心部の警備は普段とあまり変わらないような気がしましたが、開催地の大阪では規制が厳しく、小売店などでは商売上がったりだったようです。
各国首脳の随員は相当な数だったのでしょうが、売上増加の恩恵に与ることができたのは限られていたんでしょうね。
国産ワインが本場フランスのマクロンさんのお気に召してお代わりまでされたとか。
天皇陛下と皇后陛下は通訳なしでフランス語を話されるので、マクロン夫妻と親しく談笑されたとか。
天皇陛下が英語以外の語学も堪能だということは存じておりませんでした。
今も色々な語学を勉強されているそうです。


広島で警備が一番厳しかったのは、4年前の2016年5月に前のアメリカ大統領だったオバマさんが広島平和記念公園を訪問された時です。
少し離れた広島城周辺でも交通規制があって、ちょうど車だったので規制にひっかかりそうになったものの、手前で右折して回避できました。
道路の両側、5〜10メーター置きに警官が立っていて普段とは違う雰囲気だったので、さすがに驚きました。

f:id:akakoif:20190630193851j:image
1月の全国男子駅伝や5月連休のフラワーフェスティバル、8月の広島平和祈念式典など、例年、交通規制がある時期を地元民は知っているのですが、スポットの規制はニュースをチェックしていないと気付かずに車を運転して、予定通りの時間に間に合わなくなってしまいかねません。


渋滞といえば2018年の豪雨の時はアンダーパスが通行止めになったりで、あらゆる道路が大渋滞しましたが。
通常なら30分ほどのところを3時間以上かかったり、水嵩が増した道路に車が突っ込んだりで大混乱だったようです。


今年2019年の広島の梅雨入りは統計史上、最も遅い6月26日だったそうです。
それまで空梅雨とはいえ何度か雨が降ったものの、降水量は少なく川の水嵩は低かったようです。
あまり関係ない話ですが、雨が強く降った翌日に乾燥注意報が出ることがあり、なんだか矛盾しているように感じますが、晴れると湿度が下がるので注意報が出るんですね。


昨年2018年の広島の梅雨明けが7月9日だったからといって今年もその頃に梅雨明けする訳ではないでしょうし、長期予報では今年の7,8月の降水量が多めということなので、まだまだ雨の日が続きそうです。

プライバシーポリシー お問合せ